確実にAフライトになるダーツの練習方法!実は誰でも出来るんです。

ダーツ初心者さんや中級者さんがザックリとでも目標にしているのって何でしょうか?まぁ人それぞれですが、一般的にAフライトを目指しているって人が多いと思います。

ですが、そんな初心者さんや中級者さんってAフライトを少し勘違いしてる事って結構あります。その1つに「Aフライトは雲の上の存在」なーんて思っている人、いませんか?

私がダーツバーの店員をしていた頃も、Aフライトの人に対戦に誘われて「いやいや!自分じゃ勝てないから遠慮します!」って人を結構見ました。違いますよ!Aフライトも同じ人間で誰でも到達できる位置なんですよ。

という事でこの記事では

  • Aフライトとは
  • Aフライトになるための実力
  • Aフライトになってしまう練習方法

について詳しくご紹介していくので、是非ご覧くださいね^^

ダーツAフライトの割合や必要な実力など

まず、ダーツ初心者さんはAフライトと言われても「?」な人もいると思います。なので、軽くフライト・レーティングについての説明を入れさせていただきます。

まずダーツの実力を測るためにレーティングというものがあります。

過去のダーツの成績を元に割り出されている数字の事ですね。そして、そのレーティングをランクとして分けているのがフライト。

レーティングが実力の数値・フライトが自分が今いるランクと覚えておきましょう。

全体の割合を見てみましょう。

一般的に初心者さんはここ!C~CCフライト・・・全体の25%

中級者さんと呼ばれるのは、B~BBフライト・・・全体の49%

上級者の仲間入り?Aフライト・・・全体の17%

文句なく上級者AA~SAフライト・・・全体の9%

Aフライトは全体の17%ですね、こう見ると割と多いですよね。

では、そんなAフライトに要求される実力は?

レーティング10のAフライトでは

  • 01(ゼロワン)が80~
  • クリケットが2.90~

と、なっています。

これを見て、「いやー結構キツいなー」と思って終わりでは無く、それにはどうするかを考える事が上達の近道なんですよ。

Aフライトになってしまう練習方法

Aフライトになってしまう練習方法。

なんか大げさな感じになってしまいましたが、あまりムズかしく考えないでください。

要は01(ゼロワン)で80・クリケットで2.90出したら勝手にAフラになるんですから。

まずは01(ゼロワン)からやっつけましょう。

1ラウンドに80点。

ブル(ダーツボードの中心)に1本も刺さらなくても達成できます。が、現実的じゃないので、ノルマはブル1本としましょう。

はっきり言って、要求されているレベルはBフライトと大差ありません。

Bフライトで要求される01(ゼロワン)のスタッツが60点

Aフライトで要求される01(ゼロワン)のスタッツが80点

両者1本ブルのノルマは変わらないですよね。

ブルが50点なので、残り2本のダーツで10点稼ぐか30点稼ぐかの違いでしかありません。そんなのは実力じゃなくて誤差の範囲ですので、練習方法としてはそれまで通りブルにしっかり入れる練習で問題無いと思います。

次はクリケットです。

Aフライトに要求されるクリケットのスタッツは2.90。毎回3本入れれば達成できます。

初心者さんや中級者さんがイメージするようなトリプル・トリプル・トリプルみたいなプレイは要求されませんので安心してください^^

では、考え方です。

毎ラウンド3本って事はシングル3本でいいって事です。

その途中でトリプルに1本でも入ったら大分楽になってきますよね。実際Aフライトって初心者さんや中級者さんが考える程ムズかしくないんですよ。

練習方法としては、すごくメジャーな方法があります。

クリケットナンバー、20・19・18・17・16・15を使った練習で、20にシングル3本入れるまで繰り返す。

20のシングル3本入れる事が出来たら次のラウンドからは19に移って同じことをします。それを15まですべてのクリケットナンバーで行うというポピュラーな方法です。

慣れてきたら、自分で条件を引き上げます。これまでシングル3本としていたら、トリプルを1本絡めた5マークで移動など。

ここでご紹介した練習方法は多くのダーツ上級者が通ってきた道です。現在レーティング16の私も当然、昔は必死にやってました。

ダーツで急にレベルアップしてしまう事はありえません。

たまに1ヶ月程度でAフライトになる人もいますが、大抵長続きしません。必要な物を色々取り損ねているので、Aフライトに復帰できるのも遅いものです。

なので、あせらずにダーツを楽しみながらステップアップしていきましょう^^